MENU

Covid-19パンデミック前状態でのヘパリン誘発性血小板減少症は稀だった

Frequency of Thrombocytopenia and Platelet Factor 4/Heparin Antibodies in Patients With Cerebral Venous Sinus Thrombosis Prior to the COVID-19 Pandemic
Mayte Sánchez van Kammen, et al.
JAMA. Published online July 2, 2021. doi:10.1001/jama.2021.9889

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2781791

目次

キーポイント

【Question】
COVID-19パンデミック以前の脳静脈洞血栓症患者において,血小板減少症,ヘパリン誘発性血小板減少症,血小板第4因子/ヘパリン抗体の頻度はどのようなものだったのか?

【所見】
1987年から2018年までの脳静脈洞血栓症患者865人のレトロスペクティブな連続サンプルの記述的分析では、ベースラインの血小板減少症は8.4%の患者に認められ、ヘパリン誘発性血小板減少症は0.1%と診断された。追加の実験室分析が可能な血漿を有する93名の患者(血小板減少症を発症した8名を含む)のコンビニエンスサンプルサブセットでは、血小板第4因子/ヘパリン抗体を有する患者はいませんでした。

【意味】
これらの知見は、ChAdOx1 nCoV-19(AstraZeneca/Oxford)およびAd26.COV2.S(Janssen/Johnson & Johnson)COVID-19ワクチンと、血小板減少症を伴う脳静脈洞血栓症との関連性の可能性についての調査に役立つ可能性がある。

要約


【重要性 】ChAdOx1 nCov-19(AstraZeneca/Oxford)およびAd.26.COV2.S(Janssen/Johnson & Johnson)COVID-19ワクチンの接種後4日から28日以内に、血小板減少を伴う脳静脈洞血栓症の症例が最近報告された。血小板第4因子/ヘパリン抗体に関連した免疫介在性反応が根本的な病態メカニズムとして提唱されている。

【目的】COVID-19パンデミック以前に脳静脈洞血栓症と診断された患者において,入院中の血小板減少症,ヘパリン誘発性血小板減少症,および血小板第4因子/ヘパリン抗体の存在の頻度を調べること。

【デザイン,設定,参加者】本研究は,フィンランド,オランダ,スイス,スウェーデン,メキシコ,イラン,コスタリカの国際脳静脈洞血栓症コンソーシアムに参加している7つの病院から,1987年1月から2018年3月までに脳静脈洞血栓症と診断された連続した患者のレトロスペクティブサンプルを対象とした記述的解析である。952人の患者のうち、ベースラインの血小板数が入手可能な865人を対象とした。93人の患者のサブセットでは、2009年9月から2016年2月までの間に以前の研究で採取した凍結血漿サンプルを分析し、血小板第4因子/ヘパリン抗体の有無を確認した。

【エクスポージャー】脳静脈洞血栓症の診断を行った。

【主なアウトカムと測定】入院時の血小板減少症(血小板数150×103/μL未満),ヘパリン誘発性血小板減少症(治療担当医が診断),血小板第4因子/ヘパリンIgG抗体(光学濃度0.4以上,過去に血漿サンプルを採取した患者のサブセット)の頻度。

【結果】865名の患者(年齢中央値40歳[四分位範囲29~53歳]、女性70%)のうち、73名(8.4%、95%CI、6.8~10.5%)に血小板減少症が認められ、その症状は、軽度(100~149×103/μL)が52名(6.0%)、中等度(50~99×103/μL)が17名(2.0%)、重度(50×103/μL未満)が4名(0.5%)であった。血小板第4因子/ヘパリン抗体を伴うヘパリン起因性血小板減少症は1名(0.1%、95%CI、<0.1%~0.7%)に認められました。脳静脈洞血栓症の患者93名のうち,8名(9%)に血小板減少症が認められ,血小板第4因子/ヘパリン抗体を持つ患者はいなかった(95%CI,0%~4%).

【結論および関連性】COVID-19パンデミック以前の脳静脈洞血栓症患者では,ベースラインでの血小板減少はまれであり,ヘパリン誘発性血小板減少および血小板第4因子/ヘパリン抗体はまれであった。これらの知見は、ChAdOx1 nCoV-19およびAd26.COV2.S COVID-19ワクチンと、血小板減少を伴う脳静脈洞血栓症との関連性についての調査に役立つ可能性がある。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる